へりくつ剣道参考書

剣道家ブロガーのつぶやきです。大人から剣道を始めた自分だからこそ伝えられる内容を書いています。剣道に関するあれこれを、自分なりの解釈を交えながら綴ってまいります。

剣道上達参考書

剣道のレベルアップに繋がるヒントを解説しています

理屈と感覚をセットで身につける方法とは ~手に入れた情報を自分の実力にする~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 当ブログも含めてですが、インターネット上にはいろいろな情報が転がっています。 しかし、どんなに調べて読み込んだとしても、実際に身体を動かして試さなければ、感覚を掴むことはできません。 かといって、理屈抜…

有効打突の条件を体得する方法を紹介します ~自分で自分を指導しよう~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 稽古をしていて「どんな打突が有効打突なんだろう」とよく分からないという方、いるのではないでしょうか。 私の場合は、試合で初めて勝つまで、一本を取るという感覚がわかりませんでした。 有効打突の基準がわかっ…

相手との間合いの測り方 ~間合いは左足で測る~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 いきなりですが、相手との間合いを測る時、どこで測っていますか? 間合いの測り方は、人によって異なると思います。 例えば、相手との竹刀の交わり方で測る方法や、相手との感覚的な距離で間合いを測るというような…

先生の教えを自分の上達に繋げる方法 ~先生の教えの噛み砕き方~

みなさんこんにちは。akikotapapaです。 剣道で先生に教わったことに対し、理解を深めるためには、考えるということが必要になります。 この「理解するために考える」ということについてですが、考えることで上達に繋げるために、意識しておくことがあります…

打突の瞬間の手の力の入れ方 ~茶巾絞りとは~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 打突の瞬間の手の力の入れ方について「雑巾を絞るように」や「手拭いを絞るように」と教わった方はいないでしょうか? 実は、雑巾を絞るようにというのは、正しくないようです。 そこで今回は、打突の瞬間の手の力の…

剣道の上達には休むことも必要 ~一度止まると正しくなる~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道のような趣味というものは、基本的にはやりたいからやるのであって、やらなければならないという事はありません。 そして、どハマリするタイプの人であれば、休む暇も惜しんでやりたくなる事もあるでしょう。 し…

相面の稽古における注意点! ~合図に合わせて打つ相面の落とし穴とは~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 私が普段通っている道場では時々、笛の合図に合わせて相面を打つという稽古があります。 道場によっては、合図が笛ではなく太鼓という道場もあるかもしれません。 この稽古では、お互いに同時に面を打つことで、相手…

中心を外さない竹刀の振り上げ方を体得する ~右手で引き上げない練習法~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 稽古の中で、大きく振りかぶった時「竹刀が曲がっている、もしくは斜めを向いている」と指摘を受けたことがある方はいないでしょうか。 振りかぶった時に竹刀が曲がっていると言うことは、正中線を外れていると同時…

素振りの本数を増やす前に意識しておきたいこと ~悪癖満載千本より、正しい50本~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 最近、新型コロナ(COVID-19)の影響で稽古ができず、素振りしかできない日々が続いております。 以前、こちらの記事にて素振りの際に気をつけることや、素振りの種類についてお話ししました。 www.akikotapapa.com …

剣道における「自然体」でいるために意識すること

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道は、相手に打たれることを怖がっていると打たれるものです。 また、自分の精神力を鍛えなければ、相手を打つこともできません。 剣道では、相手を激しく攻めても、気持ちは自然体であることが求められます。 そ…

竹刀の柄革がつるつる滑るようになったら新品に交換すべし!

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 普段の稽古の中で、どうしても手首が硬くなってしまうという方、いないでしょうか? そのような悩みを持っている方は、もしかしたら竹刀の柄革に問題があるかもしれません。 質問ですが、竹刀の柄革はある程度時間が…

剣道における「打突の冴え」の必要性について考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道の昇段審査では、学科試験があります。 その中に、有効打突の条件を述べよという問題があったのですが、その条件として下記のものが書いてありました。 ・充実した気勢 ・適正な姿勢 ・竹刀の打突部で打突部位を…

剣道における「上半身を一拍子で動かす方法」を図で解説!

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 以前、こんな記事を書いたことがあります。 www.akikotapapa.com 一拍子の動きと言うのは、動きの早さではなく区切りの無い動きであるというお話をしました。 一拍子の動きを思い浮かべてみると、タイヤやボールが転…

「理合」という言葉について考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道には「理合」という言葉があります。 「理にかなった~」とか「合理的な~」という言葉がありますが、この「理」という文字は、理合と深く関係があります。 そこで今回は、理合について考えてみようと思います。…

もう挫折しない!目標の考え方・設定の仕方 ~努力を継続するために~

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 いきなりですが「剣道におけるあなたの短期目標(=今成し遂げたい目標)は何ですか?」 この質問に答えることはできるでしょうか? 長期的な目線で見た時の目標は、意外とあるような気がします。 しかし、短期目標と…

「打って反省、打たれて感謝」の意味を考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 「打って反省、打たれて感謝」という言葉をご存じでしょうか。 単純な日本語として考えるとちょっと意味が分からないような言葉ですが、剣道の上達を目指すうえでは非常に大切な言葉です。 そこで今回は「打って反省…

自分の上達のためには、人に教えることにも意味がある

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 いきなりですが、剣道を誰かに指導したことはあるでしょうか? 人に教えるという事は、非常に難しいことです。 しかし、人に教えるという事は、自分の上達にも深く関わることです。 そこで今回は、人に剣道を教える…

稽古ができない間にやっておくべきこと

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 新型コロナ(COVID-19)の影響で、剣道の稽古ができていない日々が続いております。 そうなると、自主的に素振りや筋トレで剣道の身体を維持しなければ、どんどんと身体は剣道から離れていってしまいます。 また、稽…

「昇段する」ということについて考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 いきなりですが、昇段審査に向けて何か取り組んでいる事はあるでしょうか? もう昇段審査を受けないという方はあまり関係ないかも知れませんが、少しでも次の段を受けるつもりがあるのであれば、次の段を見据えた剣…

面を打つためには「突き技」を覚えよ

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 小中学生にはあまり馴染みがありませんが、剣道には突き技があります。 この突き技と言うのは、使い方を間違えると非常に危険な技のため、小中学生は突き技が禁止されているのです。 しかし、この突き技を覚えると、…

素振りの効果をアップさせる秘訣

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 ちょっと時事ネタになってしまいますが、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で市内の学校が休校になってしまいました。 それと同時に、2020/2/29~4/7まで部活動禁止という措置もされています。 私が現在通ってい…

「一眼二足三丹四力」という言葉について考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 こんな言葉を聞いたことはないでしょうか? 「一眼二足三丹四力」 この言葉は、剣道で大切なものを一から四まで順番をつけて示しており、一が最も大切な要素です。 今回は、この一から四をそれぞれ分解して読み解い…

打突と足のタイミングを合わせる方法

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 稽古をしていると、打突の際に手と足のタイミングが同時ではない人を見かけることがあります。 ただ、手と足が一致していないといっても、毎回同じリズムでずれているため、ぱっと見は違和感があまりありません。 し…

「丹田に気迫を込める」について考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道の稽古をする中で「丹田に気迫を込めて」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 その言葉の意味を漠然と捉えている方もいるかと思いますが、非常に大事な教えであると私は考えています。 今回は、こ…

基本稽古の「小手-面」とはいったい何なのか?を考える

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 基本稽古の中で、ほとんどの方が「小手-面」という技を練習したことがあると思います。 木刀による基本技稽古法でも、二・三段の技として出てきます。 しかし、この小手-面という技、何かおかしいと思いませんか? …

相手に出遅れない「先」のとり方

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 稽古や試合の中で、どうしても相手に先に入られてしまったり、先に打たれてしまって悩んでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 特に試合だと、相手に打たれてしまうと負けになるので、打たれないようにしなけ…

「応じ技を打ちやすくする」 いくつかのポイント

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道をやり始めて少し慣れてくると、応じ技に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか? 応じ技の主なものとしては、次の四つがあります。 ①すり上げ技・・・小手すり上げ面とか ②返し技・・・面返し胴とか ③打ち落…

日常生活の動きを「武道化」させて剣道上達に繋げる方法

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道をやっていて、日常の動き方とは全然違うな、と感じたことのある方はいないでしょうか? 剣道に限らず武道全般に言えることだと思うのですが、武道というのは身体を筋肉で動かすような加速運動ではなく、力を抜…

剣道上達には「頭で考えること」だけでは足りない!

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 最近、とあるYoutuberさんの影響で魚さばきにハマっています。 動画で見ていると、あらゆる魚をいとも簡単にさばいていくので、自分も出来るような気になってしまうんですよね。(笑) 動画で何度も見て、さばく手順…

「手首を使う」とは、「手首を使わない」こと!?

みなさんこんにちは。 akikotapapaです。 剣道で見取り稽古をしているときなど、この人は手首が硬いなーと思うことがあります。 (自分もあまり手首を使うのは得意ではないですが) 特に剣道を始めて間もない頃や、経験が浅いうちなどは特に手首が硬くなって…