夢みるひとりごと

剣道家ブロガーのつぶやきです。たまに関係ないこともぼやきます。

「打突の好機」を体得する

 

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

剣道をやっていて、うまく打てなかったり、ここだと思って思い切って打ち切ったら返されてしまうという経験があると思います。

 

この経験を積んでいくと、今打っても返されるな、とか、また返されたらどうしよう、というような精神状態になってしまい、思うように打突することができなくなってしまうことがあります。

 

今行けば返されるとわかるのは、ある意味一つの上達かもしれませんが、そのままでは打たれるとわかるだけで、相手を打突できるようにはなりません。

 

そこで今回は、「打突の機会」についてお話ししようと思います。

 

 

■相手は打てず、自分は打てる状況を作る

 自分が打った打突に対して相手に応じられたり、さばかれたりすると、何をやっても通用しないような気持ちになってしまいます。

 

そうなってしまうと、本当は思い切って打突すれば有効打突になるのに、自分から打てなくなってしまい、余計に相手に打たれてしまうというような状況に陥ってしまいます。

 

これでは、審査や試合で自分が優位になるような立ち合いはできません。

 

その状況を打開する方法として、大きく下記の2通りが考えられます。

①   相手に応じられるリスクを減らす

②   ビビらない

 

後者のビビらないに関しては、工夫でどうにかするというよりは、修練を重ねるのが一番の手法となりますので、まずは相手に応じられるリスクがない状況を作り出すということを考える必要があります。

 

相手に応じられるリスクが無い状況であれば、基本打ちの稽古と同じ様に思い切った打突ができるのです。

 

 

■自分のパターンを考える

 

それでは、相手に応じられるリスクが無い状況とはどのような状況なのでしょうか。

 

思い切って打突しようにも、自分が打てる状況かどうかがわからなければ、結局は同じことになってしまいます。

 

そこで、いろいろな状況を考えて、それぞれのパターンごとにどう対処するべきかを考えてみます。

 

自分の剣道のレベルで考えると、以下のような感じになりました。

f:id:akikotapapa:20191005101208p:plain

 

これは人によって得意技も違うと思いますし、そもそも生まれてくる状況も変わってくると思いますので、これが全てという訳にはなり得ないと思います。

 

ただ、このようなパターンごとの対処法を考えるうえで気を付けないといけないのは、稽古中または試合中に考えるのではなく、自分が剣道をやっていない間に考えることです。

 

状況ごとに対処法をあらかじめ考え、その内容を稽古の中で実践して少しずつ体で覚えることで、いつしかそれが自分の剣道として確立されていきます。

 

 

■間合に先に入るか、入られるか

 

上の表で重要なことは、大きなパターン分けとして「自分が先に間合に入る」「相手に先に間合に入られる」という状況を考えていることです。

 

自分から間合に入るでもなく、相手に間合に入られるでもない領域でもじもじしていると、かなりの確率で打たれます。

 

また、相手に先に間合に入られたときは、どうしても相手を先に動かすことが困難になり、相手が出てくるのを待つしかない状況になってしまいます。

 

パターンの中で「相手に先に間合に入られる」を考えたのは、打突するタイミングではないところを理解するためです。

 

この状況からの対処というのは、負けにくくするためのパターンでしかなく、勝つためのパターンではありません。

 

相手に先に間合に入られてしまった場合は、自分の勝機はほぼゼロに等しいと考えてください。

 

私の理想としているところは、相手が崩れていないにも関わらず、勇気だけで無理やり当てにいくという内容ではありません。

 

相手を動かし、隙を作らせ、基本打ちのように打突すれば当たるという一本を放つことを理想としています。

 

そのため、とにかく勇気を振り絞って「自分が先に間合に入る」ことを心がけて稽古することが大切だと考えています。

 

稽古の中で何度も何度も打たれながら「自分が先に間合に入る」ことを繰り返すことで、いずれ相手をよく観察する余裕が生まれ、相手を動かすことができるようになるはずです。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

打突の機会と言えば、技の尽きたところや相手が出ようとしたところ等が一般的な言い方ですが、今回はもう少し具体的な内容を入れてお話ししました。

 

おさらい

・相手は打てず、自分は打てる状況を作る

・自分のパターンを考える

・自分が先に間合に入ることを意識して稽古する

 

思い切って打突しようにも、そもそも打突できる状況かどうかを見極めなければいけません。

 

そのためにも、今回紹介したような方法で、相手をよく観察し打突の機会をつかめるきっかけになれれば幸いです。

大人から始める剣道 基本講座 ~一拍子の打突~

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

今回は初心者のための剣道基礎講座 ~一拍子の打突編~ です。

 

剣道って、上手な人に質問するといろいろ教えてくれるのですが、上手な人ほど小さい頃から続けているので、身体の感覚で覚えて実践している人が大半なんです。

 

そこで、大人から剣道を始めた自分だからこそ伝えられる、剣道初心者向けの剣道上達へのヒントを集めました。

(すでに有段者の方へはあまり参考にならないと思います・・・)

 

今回は、今回は一拍子の打突についてです。

 

■一拍子と素早いのは別

まず、先生に「一拍子で打ちなさい」と指導されたとき、何を思い浮かべるでしょうか。

このとき「急いで打たなきゃ」とか「早く打たなきゃ」と考える方もいらっしゃるかと思います。

私個人的には、一拍子という言葉に時間軸の概念はないと考えているため「一拍子=早く」とは思っていません。

極端に言えば、どんなにゆっくりでも一拍子であれば問題ないと考えています。

 

■二拍子だと打つタイミングが相手にばれる

 それでは、なぜ一拍子で打つ必要があるのでしょうか?

例えば、相手と自分のスピードに明らかな差がある場合は、二拍子でも相手を打突することは可能です。

しかし、ある程度のレベルになってくると、スピードの差はそこまで大きくなくなります。

そのような状況の時、相手を打突するには「打つタイミングが相手にばれないようにする=技の起こりがわからない打突をする」ことが必要となってきます。

もし一足一刀の間合で緊張状態の時、打つぞと決めてから余計な動きをしてしまえば、打突するタイミングを相手に事前に知らせてしまうことになります。

自分の打突タイミング(技の起こり)を相手に知られないためにも、一拍子で打つことが重要となります。

 

■一拍子の打ちとは

 一拍子の打ちとは一体どのようなことなのか、私なりのイメージでお話しします。(わかりにくかったらすいません。。。)

一拍子の打ちというのは、構えている状態から「いーち」のリズムで打突することです。

例えば、「いちにっ」と0.8秒で打つのと、「いーち」で1.2秒で打つのでは、当然最初の「いちにっ」の方が早いです。

しかし、それでは一拍子ではありません。

剣道をやるうえで出てくる「一拍子」という言葉の意味は、「区切りのない動き」と言い換えることができます。

あくまで、構えている静止の状態から動き出したら、打突の瞬間まで区切りのない「いーち」で打つのが一拍子の打ちと言えます。

 

■二拍子の打ちとは

 一拍子の打ちをするには、「何が一拍子で、何が一拍子ではないのか?」を知っておく必要があります。

一拍子ではない打突には、主に下記のような動作が思い浮かびます。

構え(静止)の状態から・・・

①左足が最初に動き、その後右足が前に出て打突動作に入る

②一瞬沈み込んで溜めて、その後右足が前に出て打突動作に入る

③右足から半歩前に出て、その後右足が前に出て打突動作に入る

④一旦防御の姿勢をとり、その後右足が前に出て打突動作に入る

 

ただし、上級者になると意図的に二拍子の打ち方をすることもあります。

しかし、これは一拍子の打突ができるからこそ有効な動作であり、いつでも二拍子になってしまう打突とは全く別物であることを覚えておいてください。

 

■一拍子での打ち方とコツ

 それでは、一拍子で打突するにはどうしたら良いのでしょうか。

簡単に言えば、

①構えた状態から左足はそのままで②右足と左腰を前に出し③右足で踏み込むと同時に打突し④その直後に左足を引き付ける、ですが、この動作を身に付けるまではなかなか難しいです。

そこで、①~④(特に①と②)の内容を分解して説明します。

 

①   構えた状態から左足はそのままで

・構えの段階で右足に体重を乗せすぎない

右足に体重が乗ってしまうと、右足を前に出すときに左足を踏み直す必要があります。

その踏み直しが、左足が前に出る動作につながってしまうので、右足には体重を乗せすぎないようにしましょう。

継ぎ足の無い打突の記事も過去に書いているので、こちらも参考にしてみてください。

www.akikotapapa.com

 

 

②   右足と左腰を前に出す

・右足を前に出す時は低空飛行で!こんな感じ↓

f:id:akikotapapa:20190311221110p:plain

・右足と同時に左腰も前に出すように意識する

左腰が前に出ないと、上半身が倒れこんでしまい、腰の入った打突ができず、右手主導の打ち方になってしまいます。

 

③   右足で踏み込むと同時に打突

いわゆる「気・剣・体の一致」ですね。

 

④   その直後に左足を引き付ける

左足の引き付けが遅いと、打突後の姿勢が崩れてしまい、二本目・三本目の技がうまく出せなくなってしまいます。

打突後に姿勢が崩れると、相手にも打たれやすくなってしまうため、引き付けは素早く行いましょう。

足の引き付けに関しては、こちらの記事も参考にしてみてください。

www.akikotapapa.com

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は一拍子の打ちについてお話ししました。

 

おさらい

・一拍子の打ちと早い打ちは別

・多少ゆっくりでも「いーち」のリズムで打突する

・二拍子だと相手に打突タイミングがばれてしまう

 

意外と難しい一拍子の打突ですが、稽古を重ねて体得できるように頑張りましょう。

 

ご意見・ご質問等あればコメント欄へお願いしいます。

 

後述

そんなやり方や考え方は間違っている!という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分はまだまだ修行中の身です。

 

あくまでひとつの意見・見解として捉えていただけると幸いです。

大人から始める剣道 基本講座 ~切り返し~

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

今回は初心者のための剣道基礎講座 ~切り返し編~ です。

 

剣道って、上手な人に質問するといろいろ教えてくれるのですが、上手な人ほど小さい頃から続けているので、身体の感覚で覚えて実践している人が大半なんです。

 

そこで、大人から剣道を始めた自分だからこそ伝えられる、剣道初心者向けの剣道上達へのヒントを集めました。

(すでに有段者の方へはあまり参考にならないと思います・・・)

 

今回は切り返しについてお話ししていきます。

 

■切り返しは準備運動だけじゃない

 

稽古の最初と最後に切り返しを行う道場が多いと思います。

しかし、この切り返しという動作を準備運動や整理運動だけを目的として行っている方がいらっしゃいますが、これは非常にもったいないです。

切り返しは、準備運動や整理運動だけでなく、すべての基本動作が凝縮された動きとなるため、ある意味「基本打ちよりも重要なもの」と言えます。

 

■切り返しの効果

 

切り返しの効果には、下記のようなものがあります。

・刃筋が正しくなる

・打突したときの姿勢がよくなる

・息が長くなる etc...

 

とくに3つ目の「息が長くなる」については、ただ単に体力をつけるという意味だけではありません。

 

過去にこのような記事を書いたことがあります。

 

www.akikotapapa.com

 

 

この記事でも書いたように、息を長くするとことで吸う回数を減らすことができ、同時に隙も減らせることになります。

 

■正しい切り返し

 

間違った基本を体に染み込ませると、後々修正するのが大変になってしまいます。

そうならないために、切り返しの時に気を付けるべきポイントを説明します。

①   左手は正中線を外さない

まず、正中線とはなんぞや?というかたはこちらの記事を読んでみてください。

www.akikotapapa.com

 

振りかぶった時や打突のタイミングで左手が正中線から外れると、小手や面が空くことによって相手に打たれやすくなってしまいます。

なので、左手は正中線を外さないように心がけましょう。

 

②   振りかぶりは両肩を使って大きく

手首だけで竹刀を振れば楽に打つことができますが、それでは強く正しい打突動作とは言いにくいです。

必ず両肩を使って相手が見える位置まで腕を振り上げ、できるだけ振り上げと振り下ろしを素早く行いましょう。

その動きを徐々に小さくしていくことで、試合で使う小さく振りかぶった面打ちに進化していきます。

 

③   右手の力を抜く

右手に力が入りすぎてしまうと、うまく手首を使えなくなってしまい、打突の冴えが出にくくなってしまいます。

なので、②のように肩を使って竹刀を振り、右手は添える程度の力で振るようにしましょう。

具体的には、左手で上下(前後)の振りをコントロールし、右手で竹刀の左右の動きだけをコントロールする意識でやると良いかと思います。

 

④   9本の左右面打ちから面を打ち終わるまでは一息で行う

息を長くするために、上記工程は息を継がずに一息で行いましょう。

「息を長くする=隙を減らす」となるので、ツライかもしれませんが頑張ってください。

 

⑤   刃筋正しく行う

左面は比較的簡単かもしれませんが、相手の右面を打つ時には、右手を返して(自分から見て反時計回り方向に回す)竹刀の弦の反対側で打つように心がけましょう。

刃筋正しく打突することも、有効打突の条件となります。

 

⑥   頭上で竹刀を振り回さない

振りかぶったら、斜め45度の角度で相手の左右面を打ちます。

頭上で竹刀を振り回せば楽に打つことができますが、無駄な動きが多いです。

頭上で振り回す動きに慣れてしまうと、特に面返し胴などを打つ際には邪魔な動きとなってしまい、打突が間に合わなくなりやすいです。

 

⑦   一本打つごとに左足をしっかり引き付ける

左足を引き付けることは、打突後の姿勢を崩さないための鉄則となり、連続技の基本ともなります。

打った後は素早く左足を引き付ける癖を付けるように心がけましょう。

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

たかが切り返しと言えど、非常に重要な要素が詰まった稽古内容です。

細かいことを言えば、今回お話しした以外にも注意すべきことはたくさんあると思います。

しかし、上記の7つをしっかり行うだけでも、かなり内容の濃い切り返しとなるはずです。

剣道を続ける中で、何か行き詰まったり体の動きが悪いという時でも、基本に忠実な切り返しを行うだけで「何が悪いのか」に気づくこともありますので、是非試してみてください。

 

ご意見・ご質問等あればコメント欄へお願いしいます。

 

後述

そんなやり方や考え方は間違っている!という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分はまだまだ修行中の身です。

 

あくまでひとつの意見・見解として捉えていただけると幸いです。

「呼吸法」で相手を圧倒する

 

 

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

最近、絶対に打たれない構えができれば最強ではないか?と考えるようになり、何か良い方法は無いかと探していました。

 

以前から本やインターネットで言葉だけは知っていたものの、試していない方法がありました。

 

それは「呼吸法」です。

 

つい最近、稽古の中で呼吸法を意識してやってみると、想像以上の効果があったので、今回はこの「呼吸法」についてお話ししていこうと思います。

 

 

■絶対に打たれない構えは最強

 

まず、ここに行き着くきっかけとなった「絶対に打たれない構えは最強」という考え方ですが、ちょっと想像してみてください。

 

もし、あなたが相手と向かい合って構えているだけで「相手が打ちに出れない」もしくは「打って来ても、さばき、返せる」ことができたら、負ける気がしませんよね?

 

現実にはそんな構えはあり得ないのかもしれませんが、できる限りその状態に近づけられればと思っています。

 

しかしながら、ただ打たれたくないからと言って、構えの形を崩して守りを固めてしまうのは個人的にあまり好きではないので、極力綺麗な構えを維持しつつ、気迫で圧倒できるような剣道を求めています。

 

 

■打たれる時はどんなときか

 

稽古をしていると、どうしても相手に打たれることがありますが、打たれない構えを実践するためには、なぜ打たれたのかを考える必要があります。

 

私の場合を例に挙げてみると、主に下記のようなことが多いです。

・打つべきか気持ちが迷っている時

・相手の動きにはっとして固まった時

・打たれたくない気持ちが強い時

・相手を崩し切れていない状況で、無理に打ちに出て返される時

 

これを見てみると、共通して言えることは気持ちが攻めている状態ではない、もしくは相手を攻め崩せていないという事です。

 

逆に自分が有効打突を決める時は、強い気持ちで攻めていて、相手を攻め崩した状態となります。

 

ということは、打たれないようにするには「気持ちを強く持って攻め、相手の構えを崩す」ことが必須となります。

 

 

■攻める気持ちをつくる

 

それでは、攻める気持ちを作るにはどうしたら良いか考えてみます。

 

試合等で、攻める気持ちであったり、強気な気持ちをもって臨むということは、自分の剣道に自信を持っていないと成し得ず、そう簡単なことではありません。

 

長年剣道を続けていて実戦経験も豊富な方にとっては、自分の剣道に自然と自信を持てているため、試合でも強気な気持ちを持って臨むことができるという方が大半だと思います。

 

しかし、まだ経験が浅い方や大人から始めた方のように、経験値の少ない方とっては、自信をもって試合に臨むというのは大変難しいと思います。

 

経験値から攻める気持ちを作り出すには、経験値を積む以外方法はありません。

 

自分より経験値が上の人に追いつくということは、その人が剣道をやめて自分だけが続けているという状況以外は、ほぼ不可能に近いです。

 

そのため、経験値の差をカバーしていくには、別の方法で攻める気持ちを作る必要があります。

 

そこで登場するのが「呼吸法」になります。

 

人間は、息を吸っている間は瞬間的な動作ができず、逆に息を吐いている間は、瞬時に力を入れたり、体を動かしたりすることが可能になります。

 

これを剣道に応用すると、非常に効果があります。

 

 

■剣道における呼吸法の実践

 

①稽古等で相手と向かい合った時、間合に入る前に腹式呼吸で鼻から息を吸う。

注意:胸式呼吸だと肩に力が入りやすくなってしまうためであり、鼻から吸った方が腹式呼吸になりやすいです。

 

②下腹部に空気を溜めておくイメージで、口を細くして長く息を吐き続ける。

 注意:息を止めてしまうと体に力が入りすぎてしまうため、吐き続けるほうが良いと思います。

 

③息を吐き続けている間は攻め続け、相手が出てきたら返すか、攻め崩せたと感じたら捨て身で打突する。

 注意:間合に入ったまま息を吸いなおさないように気を付けてください。完全に隙になるため、打たれる可能性大です。(難しいですが・・・)

 

これができれば、今までとは比べ物にならないくらい相手が良く見え、相手を攻め崩しやすくなります。

 

さらに、相手が攻め込んできても、気持ちがハッとすることはほぼゼロになります。

 

ただ、慣れるまではかなりキツイのと、やりすぎると酸欠になるので気を付けてください。(笑)

 

 

■まとめ

 

相手に打たせない構えに重要なこと

・強い気持ちで常に攻め続ける

・間合に入っている間は息を細く長く吐き続け、腹(特に下腹部=丹田)に力を込める

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

呼吸の仕方で攻める気持ちと体をつくり、正しい構えと気持ちで相手を圧倒すれば、居ついたところを打たれるという事は激減します。

 

さらに、応じ技を習得できていればもう怖いものはありません。

 

まだまだ自分も試行錯誤の段階なので、これが全てとは言い切れません。

 

しかし、間違いなく効果があることは確かなので、自分の剣道に自信が持てない方や、どうしても居ついてしまう方に是非試して頂きたいと思います。

 

強い気持ちで攻め、正しい綺麗な剣道で相手を圧倒できるように頑張りましょう。

剣道六段審査の見学に行ってきました。高段の審査は刺激的!!

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

先日、東京で行われた剣道六段審査会を見学してきました。

 

初めて六段審査会を生で見てきましたが、いろいろな気づきや刺激がありましたので、今回はその感想や考察をまとめようと思います。

 

 

■独特な緊張感

 

私は今まで、地方の五段以下の審査会しか見たことがありませんでした。

 

六段以上は、各都道府県剣道連盟ではなく、全日本剣道連盟から授与される段位なので、日本各地から受審者が集まってくるわけです。

 

今回は全部で8会場設定されていましたが、第1会場から第8会場まで年齢が若い順で割り振られ、第1会場が一番年齢が若い人たちとなります。

 

特に第1会場に来るのは警察の特錬や全国レベルの剣士がぞろぞろ・・・。

 

自分は受ける訳でもなく、ただ見に行っているだけなのに、緊張がこちらにも伝わってきます。

 

その緊張感の中で、かつ限られた時間の中で自分の剣道をするというのは、今の自分には想像もできません。(笑)

 

 

■審査剣道と試合剣道は違う?

 

先生によって、審査剣道と試合剣道は同じという意見の先生と、違うと言う先生がいらっしゃいます。

 

これは様々な観点からくる考え方があるので、議論の要はあまりないと思いますが、自分では審査剣道と試合剣道は別物だと思っていました。

 

しかし、今回の六段審査見学で、自分の考え方は少しだけ違うように感じました。

 

確かに、審査と試合では剣道の内容は異なると思いますが、今回感じたのは「審査と試合は別物」ではなく「審査は試合以上のことが求められる」ということです。

 

うまく言葉で説明できず歯がゆいですが、試合では有効打突が重視されるのに対し、審査では有効打突も必要なうえに、それ以上に相手を圧倒する技量や気力が重視されるように感じました。

 

試合では勝てる剣道だったとしても、審査では、”限られた時間の中で”、”自分の剣道をし”、”相手よりも優位に立ち”、”相手を制すること”が求められるように思います。

 

 

■相手を引き出して打つ

 

審査では、有効打突もさることながら、自分の攻めによって相手の動作を誘い出すことが求められるため、審査の中で有効打突が決まったからと言って、合格できるわけではないという事も目の当たりにしました。

 

実際、今回の審査を見ていても、自分の打ちたい気持ちを我慢できずに打ち急いでしまったり、相手の動揺を招かないまま打突するような場面があると、評価もかなり厳しいものになるという印象がありました。

 

自分に置き換えて考えてみると、相手を引き出すことを普段の稽古でも意識して実践しようとはしているのですが、なかなかうまくできるものではありません。

 

おそらく、心の修行が足りてきたときに、何か発見や気づきがあるのだと思っています。

 

 

■生涯剣道

 

今回見学したのは東京の会場でしたが、本当に様々な年齢の方が受審されておりました。

 

野球やサッカーのようなスポーツでは、30代や40代で現役を引退することが一般的なのに対し、剣道は何歳になっても上のレベルを目指し続けられるというのを実感しました。

 

年齢を重ねれば、身体能力は衰えるかもしれません。

 

これは生き物である以上避けられないと思います。

 

しかし、剣道は人間形成を理念とする武道です。

 

反射神経や瞬発力といった身体能力に頼った剣道ではなく、動じない心を鍛え上げて理合を重視した剣道を実践し、剣道を通してひとりの人間として成長するために修行を重ねていこうと思います。

 

 

■高段の審査会は機会があればぜひ見学を!

 

「自分はまだ受けないから・・・」とか「そんな高いレベルなんて・・・」と思っても、審査会の雰囲気や高い質の剣道を肌で感じることで普段の稽古とは違う刺激や、新たな気づきや発見があると思います。

 

自分の剣道を見直すきっかけにもなると思いますので、もし機会があれば、ぜひ六段や七段など高段の審査会を見学してみてください。

 

きっと自分の剣道上達に活きると思います。

剣道上達のために心がけること 〜伸び悩む時期は存在しない〜

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

以前、面の打ち方について自分なりに掴んだ感覚を記事にしました。

www.akikotapapa.com

 

 

新たな感覚を覚えられたのは良かったのですが、それから自分に足りないものは何だろうと分からなくなってしまいました。

 

そこを考えるうちに、上達に関するひとつの考え方が出てきたので、その考え方についてまとめたいと思います。

 

特に、最近思うように伸びず悩んでいる方の参考になればと思います。

 

 

■伸びる要素はふたつある

 

剣道で実力を上げるには、大きく分けて二つの要素があると考えました。

 

ひとつは、「技」の要素です。

 

これは、例えば足さばきがうまくできていないとか、竹刀さばきがうまくできないといったような、身体の運用や技術的なことを指します。

 

記事の最初に紹介した、相面の克服なんかも技術的な要素に分類されます。

 

もう一つは、「心」の要素です。

 

これは、技をどこまで高い次元で発動できるかという、精神力を指します。

 

基本打ちでは綺麗にできても、いざ相手との駆け引きが絡んでくると、なかなか上手く技が出しにくくなります。

 

言い換えれば、いかに思い切って技を出せるか、ということになります。

 

 

■伸び方には種類がある

 

要素と同じように、伸び方にも大きく分けて二つの種類が存在します。

 

その二つを、自分は「スロープ型」「階段型」と呼んでいます。

 

スロープ型とは、ひとつの技を習得しようと練習し続けるようなパターンで、練習を重ねるごとに徐々にレベルが上がっていくようなタイプの伸び方です。

 

もう一つの階段型とは、日々の稽古や試合の中で「なぜか打たれる」や「なぜか打てない」というような「なぜ」を追い求めるパターンで、ある日突然ひらめいたように一気にレベルが上がるようなタイプの伸び方です。

f:id:akikotapapa:20181122211612j:plain

伸び悩んでいるという方は、現状この状況にいて、まだ階段を上がれずにもやしている方が多いような気がしています。

 

この二つの伸び方での伸び量を組み合わせたものが、自分の伸び量・上達量となります。

f:id:akikotapapa:20181122211811j:plain

 

 

■今の自分に足りないものを見極める

 

今より上達し自分の理想に近づくためには、今の自分に何が足りないのかを見極め、同時に目指すべき上達の道がスロープ型なのか、階段型なのかも見極める必要があります。

 

例えば、打突時に手足が一致しないとなれば、手足一致の練習を重点的に行うべきであり、同時にそれはスロープ型の上達の道を選ぶことになります。

 

また、面・小手・胴の基本打ちは綺麗に打てるが、相手とのやり取りで余計な力が入ってしまい、思ったように技が出せないとなれば、心を鍛えて余計な力を抜けるようになるべきとなり、これもとにかく回数をこなす他に道は無いので、スロープ型の上達の道を選ぶことになります。

 

逆に、自分のやりたいことはできているはずなのに、打突がうまくいかないとなれば、これは自分でも気づいていない「何か」が不足していることになります。

 

その何かを一生懸命考えて答えを導き出す必要があるとなれば、これは階段型の上達の道を選ぶことになります。

 

今の自分が進むべき道が、スロープ型の上達なのか、階段型の上達なのかを見極めることで、どのような稽古をするべきなのかが決まるのです。

 

 

■スロープ型の上達は簡単

 

スロープ型の上達の道を選ぶ場合は、あまり難しく考える必要はありません。

 

スロープ型とは、やりたいことが明確にあり、それを自分の技として身に付ける方向になるので、同じことをひたすら反復練習することが上達の鍵となります。

 

最初は意識するべきポイントを意識して取り組み、いずれ無意識にでもそれが実践できるようになれば完成となるのです。

 

 

■階段型の上達の道は苦しい

 

階段型の上達の道を選ぶ場合は、スロープ型とは違い、大いに考える必要があります。

 

常に考えているうちに、些細な小さいことからひとつの答えらしきものが突然ひらめくことがあります。

 

それを稽古の中で実践し、答え合わせをして、それが合っていれば階段を1段上がったことになります。

 

もしそれが間違っていれば、また考えることを継続するしかありません。

 

そこに時間がかかり、答えもわからず迷走するため、「伸び悩む」という表現になるわけです。

 

しかし、極端に言えば、それは伸び悩んでいるわけではなく、「階段型で上達中」と言うことができるのです。

 

 

■階段型の上達に必要なもの

 

階段型で上達する道は苦しいですが、ここを乗り越えるために必要なことは、諦めずに根気よく考え続けることです。

 

階段型は、自分でしか答えを見つけ出すことはできません。

 

時には先生に教えを乞う時もありますが、それは答えではなくヒントであり、頂いたヒントを自分なりに解釈して答えを出してこそ、上達に繋がります。

 

 

■伸び悩む時期は無い

 

上述してきたとおり、伸び悩むということは、階段型での上達中と言い換えることができると考えています。

 

なので、今現在伸び悩んでいるという方は、これも上達の道の真っ最中と捉えてみてはいかがでしょうか。

 

階段型で上達するには計り知れない労力が必要かもしれませんが、階段型の上達こそ飛躍的に伸びる道ですので、答えを探し考え続けることをどうか諦めないで頂きたいです。

 

いつか階段を上がれる日が来ることを願います。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、自分なりに考えたことをまとめてみました。

 

おさらい

・伸びる要素には心と技の2側面がある

・伸び方にはスロープ型と階段型がある

・自分に足りないものを見極めることが大事

・同時に進むべき道を見極めることが大事

・伸び悩む時期はない

  

特に、現在伸び悩んでいるという方のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

もちろん、そうでない方にも何か参考になればと思います。

相面が苦手な人へ ~私は「コレ」で相面を克服しました~

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

今回は、今まで自分の中で課題だと思っていた面打ちについてちょっと気づいたことがあるので、備忘録もかねてお話ししようと思います。

 

私の課題は、面打ちの中でも、特に相面です。

 

私は背が小さい(165センチ程度)ので、ほとんどの相手が自分よりも背が高いです。

 

そうすると、どうしても自分から面を打ちに行っても相面で打ち負けるか、返されることばかりで、滅多に面で一本とることが出来なかったのです。

 

ところが、あることを意識するだけで、自分よりはるかに背の大きい相手(180センチ以上)に対しても、相面で負けないことが分かりました。

 

 

■打つときは真ん中を割って入る

 

この言葉。ずいぶん前から、いたるところで耳にしたりネットで目にしていました。

 

ただ、真ん中を割って入るのイメージがどうもつかめず、具体的にどうしたら良いのか分かりませんでした。

 

 

■右足の踏み込み位置が重要

 

ふとした瞬間に思いついたことがありました。

 

「右足の踏み込み位置を真ん中にしてみる」

 

具体的に言うと、相手の垂れの真下に右足を突っ込むイメージです。(あくまでイメージですけど)

 

今までは、構えた状態から右足をただ前に出していました。

 

そのせいで、身体全体が相手の真正面に向かっていかず、若干右斜め前気味に身体を押し出していました。

 

それが、右足の踏み込み位置を真ん中にすることで、相手に正面からぶつかっていくようになったのです。

f:id:akikotapapa:20181115000729j:plain

 

 

■手首にも変化が出た

 

それに加えて、手首の作用にも変化がありました。

 

今までは、若干ではあるものの右斜め前に身体が進んでいたので、手首を使って竹刀を相手の面に向ける必要がありました。

 

これだと、相手から見たら自分の中心は空いているのと同じになってしまいます。

 

しかし、右足の踏み込み位置を変えると、両手首の角度が構えのときに近い角度に変わったのです。

f:id:akikotapapa:20181115000813j:plain

 

こうすることで、少なくとも相面で面を打たれることは激減しました。

 

 

■変化はこれだけではなかった

 

さらに、思わぬ副産物はこれだけではなかったのです。

 

相面で相手打たれることが激減したので、思い切って面に跳べるようになりました。

 

ある意味、これが一番大きいです。

 

少なくとも、面を打ちにいかなければ、面で一本とることはできません。

 

宝くじは買わないと当たらないのと同じですね。(笑)

 

 

■まとめ

 

右足の踏み込み位置を真ん中(正中線上)にすることで、相面で打ち負けなくなることを体感することが出来ました。

 

これで、今まで自信がなくて打てなかった面打ちが思い切って打てるようになりました。

 

もしかしたら、もっと違った、良い方法があるのかもしれませんが、今自分が行き着いた答えはこれなので、この答えを信じて稽古に励んでいきたいと思います。

 

この記事が剣道をする方々の参考やヒントになれば幸いです。