夢みるひとりごと

剣道家ブロガーのつぶやきです。たまに関係ないこともぼやきます。

大人からはじめる剣道 基本講座 ~打突の冴え~

 

みなさんこんにちは。

akikotapapaです。

 

 

今回は初心者のための剣道基礎講座 ~打突の冴え編~ です。

 

剣道って、上手な人に質問するといろいろ教えてくれるのですが、上手な人ほど小さい頃から続けているので、身体の感覚で覚えて実践している人が大半なんです。

 

そこで、大人から剣道を始めた自分だからこそ伝えられる、剣道初心者向けの剣道上達へのヒントを集めました。

(すでに有段者の方へはあまり参考にならないと思います・・・)

 

今回は打突の冴えについてです。

 

剣道を始めて最初のうちは、打突の際の手の内の冴えの壁に当たる方が多いと思います。

 

自分もそのうちの一人です。

 

竹刀って、振ってみると意外と重いんですよね。

 

重いものを振り回そうと思ったら、当然力が必要です。

 

特に右利きの人にとっては、重い竹刀を振ろうとすると、右手に力が入ってしまうんです。

 

でも、右手に力を入れてしまうと手の内の冴えが出ない。。。

 

これ、誰もがぶつかる壁だと思います。

(この壁に当たらない人がいるとしたら、その人は剣道の申し子かもしれません(笑))

 

打突の冴えに関しては、こちらの記事

www.akikotapapa.com

 でも触れていますが、今回はもう少し細かくお話ししていきます。

 

 

■打突の冴えとは?

一言に「冴え」と言っても、よくわからない方もいるかもしれません。

 

簡単に言うと、当たる瞬間のインパクトの強さです。

 

 

■冴えの出し方

↓イメージとしてはこんな感じでしょうか

 

 
理屈ではこうですが、実際に感覚をつかむのはまた難しいんですよね。
 
感覚をつかむためには、上記を意識してとにかく練習するしかありません。
 
 
■一人で練習するには 
例えば相手の面を打つのではなく、一人で素振をするとき、上述のように当たる(と想定される位置)だけ力を入れるようにします。
 
そのとき、竹刀がしなって(ダジャレじゃないですよw)「パシャッ」と音が鳴るか確認してみてください。
 
時々、右手を柄に当てる音と考える方もいらっしゃいますが、私のイメージでは右手が柄にぶつかる音ではなく、鍔から先が瞬間的にしなって音が鳴る感覚です 。
 f:id:akikotapapa:20181009150146p:plain
 
これが出来るようになれば、冴えに関してはある程度問題ないと言えるでしょう。
 
 
■家の中でも練習したい場合
家の中で竹刀を振るのはなかなか難しいことが多いと思います。
 
自分もそうですが、家の中で竹刀を振り回せる場所なんてありません(笑)
 
剣道を始めたばかりのとき、とにかく素振りがしたくて、夜な夜な外に出て素振りをしていました。怪しいですよねw
 
時には雨が降っていて外に出れないときもあり、そんなときは正座した状態で竹刀を振ったりしていました。
 
それでもそれなりに練習できるのですが、やっぱり足も使って素振りしたくなるんですよね。
 
そんなことを考えているとき、全日本剣道選手権@日本武道館を観に行ったとき、出店されていたお店である道具と出会いました。
 
「面鳴り」
 
初めて見たときは衝撃でした。
 
「こんなものがあるのか!」
 
見た目は、竹刀より短い黒い棒状のもので、柄部分と鍔的な部分があり、竹刀で言う打突部的なところがあるもの、です。
 
これ何かと言うと、正しく冴えのある竹刀の振り方ができると、棒の中に入っている塊が動いて「パーン」と音が鳴るんです。
 
まさに家の中で素振りが出来て、冴えのある素振りを確認しながらできる、超画期的な道具です。
 
完全に一目ぼれです。
 
さすがにその場では買えなかったんですが、家に帰ってきてからすぐネットで探しました。
 
今の世の中便利になりましたねー、すぐ見つかりました。
 

即買って使ってみたのですが、まぁ鳴らないこと!

 

武道館で実演販売していたんですが、その人は簡単にスパンスパン音鳴らしてたので、、、、ナメテマシタ。。。。

 

それから暇さえあれば面鳴り振って猛特訓です。

 

でも、意外と早い段階で音が自在に鳴らせるようになり、今では左手だけでも鳴らせるようになりました。

(それが正しい使い方かは分かりませんが(笑))

 

冴えの練習にはもってこいですね。

 

自分も使っていますが、この面鳴りのおかげで冴えのある打ちが習得できました。

 

もし冴えに悩み、「コツがつかめない」とか「理屈はわかるが、正しく実践できているかわからない」という方、この面鳴りを使ってみてください。

 

きっと役に立つはずです。


面鳴り【剣道 素振り 竹刀】

 

今回は打突の冴えについてお話ししました。

 

後述

そんなやり方や考え方は間違っている!という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分はまだまだ修行中の身です。

あくまでひとつの意見・見解として捉えていただけると幸いです。